• 大槻ケンヂオーケンののほほんと熱い国へ行く」この本がきっかけで、インド、タイに興味をもったような気がする。チャイのことなんか、どきどきするくらい。『熱さと甘さと紅茶の香りが、口の中でボワッと燃え上がった。』わーわー。飲んでみたい。
  • 冬野さほ「twinkle」買ってから毎日一回はどこかの話を読んでる。まよなかも買っちゃいそうだが、いかんせん高い。困った