• 金原ひとみ蛇にピアス」読み進めていくうちに、ボディーピアスとその拡張、そして首をしめるセックスシーンは苦しくなってしまう事を思い出した。まぁそんな事を考えながらでも、さらっと読めました。でも、私の周辺が言ってるほど、文学は終わりじゃないと思うよ。まだ、一回さらっとしか読んでないから何もいえないけど、次の作品も読んでみたい。村上色*1が強い気がした。*2でも、私を苦しめたってことで、心は動いた。

*1:

*2:てか、私が刺青好きな人だから、普通に抵抗ないのかもな