結構私の周りの人は、文学は終わりだ終わりだなんて、芥川賞受賞のとき言ってたんだけど、私はそうは思っていない。好みだよね。多分。批判する前に、自分達の、だいたい皆と一緒の、感性を磨いた方がいい。*1そして、小説を「よんでおいたほうがいい」って思うなら、読まないほうがいいと思う。だって、それは「=読みたくないけど」なわけで、エンターテイメントは、〜たくない人がみても、あまり面白くは無いと思うよ。もし、これから私がやっているバンド*2が売れて(ないけど)CDがでて、聞きたくないけど、聞いておくかーっていう人がでたら、私は凄い嫌な気分になる。それは有名税と一緒のものなんだって、頭ではわかってるんだけどね。まぁそれで、好きになっていくっていうのもあるんだろうけど、それならば、そんな事は黙っておいて欲しいって言うかなんていうか歯切れが悪い(私が)まぁそんなわけです。何がいいたいかって言うと、私はひとみたんりさたんを精一杯応援しますよっていう、気持ち悪いラブコール的な、なにか。

*1:私の感性は、人と同じです。そう思っています

*2:始動すらしていない