とりあえず泣いて泣いて、ティッシュ使い切ったところで、お風呂に入って、念入りに爪とその回りを、オイルでマッサージ。して、目がはれないようにまた顔もマッサージして、すっきりしたところで出て、簡単にメイク。郵便局でお金を下ろして、行きつけの美容院へ。前髪を作ってもらって、軽くしてもらって、加藤紀子に似てますねって言われた。井川って言われたいのになーと、ありえない事を考えて、雲の上のキスケさん、三、四巻かって帰ってきました。あー。幸せになれた。あ、きちんと、就活用の原稿用紙も買ったよ。頑張る事に決めたんだ。