秘密の小箱から

言葉が溢れ出した。あまりにもはっとする事ばかりで、あぁまだ文章が、日記以外の創作活動ができるのかもしれないと、ぼんやり考えた。私は動物のように一旦いいものが出来上がったり、おいしいものがあったりすると、それを一度に消化しないで隠してしまう。隠してしまった結果、数ヶ月は放りっぱなしなのだが、それがたまたま見つかったとき、全部が消化できるような気持ちになるよ。そして訳が解らない文章だこれも。