考えたことをだらだらと書いていく。

私の苗字は珍しくて、漢字の読みもきっと普通ではない。その理由を昔、親戚に聞いたところ、もともと側室だった先祖が、正室より先に嫡子を産んでしまい、命からがら逃げてきた。そのときに漢字も読みも変えた、というのを教えてもらったことがある。
何でこんなことを思い出したかというと、坂井の日記(id:hotcake:20040618#1087541604)が面白かったからなのです。もちろん私の苗字はなかったです。相方の苗字は300番台。ちょっとほっとした。