スウィングガールズ(SWING GIRLS)

見る前にきちんと理解してたことは、ウォーターボーイズの監督が、今度は田舎の女子高生にジャズをさせる映画で、またそういう系かー*1とか。
終わったらないてましたよ。最後の演奏シーンでね。くそう。そうだよ音楽って、満足のいくライブって、終わったあとになんか笑顔になれちゃうんだよなーとか、ぜんぜんジャンルが違うのに、がっつりはまりこんでしまいました。うん。
一人だけ男の子で、ピアノの彼は、私の心をがっつりとつかみました。ひとりひとりかわいくて、もうキャラメルポップコーンを食べていたのに、味が塩味になってしまうくらいのなきっぷりでした。うん。
ほか、萌えポイント、コメントは、ネタばれになるのか心配なのではてなの機能を
最後の演奏シーンでないたのは本当だけど、消化不良感はぬぐえない。つめこみすぎだーって本当に途中で思っちゃったし。いろんないい素材を、いかしきれてないし、ウォーターボーイズの二番煎じ感もぬぐえない。竹中直人だからかなぁ。でも、最後の音楽祭のシーンは本当によかった。ギターとベースの子の元メンバーがいきなり照明やり始めたり、吹奏楽部の先輩が、裏拍をとり始めたり、すごく楽しくてわー元気になるわーってかんじだった。演じてた人たちもすごい楽しそうな顔してて、そこでないてしまったのですよ。わーん。
イノシシとの格闘シーンも楽しかったし。小ねたが多いです。うん。華氏911よりはいいな。と思ったよ。恋愛要素はほんの少し。それもまたよかった。

私の萌えポイントは、やっぱりピアノの彼の、だめっぷり。音楽室で膝を抱えて隠れるシーンはたまりません。ハートをわしづかみ。
そしてやっぱり関口さんですね。メガネがないとぜんぜんだめ。めがねがあっても言いたいことはさえぎられる。委員長タイプ。いいっすね。本仮屋ユイカさんをこれからチェックしよう。

片仮名でしかキーワード化されてないのね。

*1:どういう系だかは自分でもわかっていない