こんなかんじ

単純に人の幸せとか充実度をうらやめるなんて、なんだか、すごいと思う。たいていの人は、どんな幸せそうな人でも、いろいろある。いろいろない人なんか、いない。表に出すか出さないかの違いがあるだけだ。
(中略)
想像力があれば、すぐにわかることで、いつでも書くけれど、楽な人生なんてないと思う。自己弁護をしているのではなくて、そう思う。
よしもとばなな こんにちわ!赤ちゃん より

ずっと考えてた事はこの事で、考えてたといっても暗い気持ちには全然なってないけど、出社途中に読んでた本にあったから急いで抜粋。自分がだせなかったもやもやがすっとした感じ。
このすっとした感じのまま、今日一日終わるといいなぁ。と希望的観測。