息をふきかえした

朝からキャシー*1の死体と格闘。私が死にたい。誰かと一緒に暮らしたいのは、退治して欲しいからです
暑すぎてジャケットすら羽織れない日々です。なんでキャシーの触角はあんなにぴんぴんで長いの…わけわかんないよ。

*1:以前働いていた飲食店ではこう呼んでいました