bethは思いのほかきつい。

ということで、新創刊のコミック誌、bethを購入してきました。
谷川史子久世番子辛酸なめ子岩岡ヒサエという名前に釣られてふらふらとセブンイレブンで購入したわけです。この四人の漫画は楽しく読めました。うん。らぶい。というか、岩岡先生ははじめて読んだけどいいですね。他の漫画も読んでみようと思います。
が。
なんというか。小川さんの漫画は、巻頭の意味があるのか。と本気で悩みました。この、内輪臭といったらなかったね。エッセイ漫画でもないのに、「本人」が主人公である点、そして編集者として、beth編集長であるマツさんがでてくる(しかも30超えてすっぴん。美人にかかれてます)点、こういうのは、いいのだろうか。巻頭漫画としていいのだろうか

あ、谷川史子さんの漫画は好きです。でもそれ一つくらいのために、毎月500以上のお金は出せませんので、単行本になることを祈っています。単行本になるくらい、bethが出ることも祈っています。