スウェット族とちいさなこい。

中学校の頃、結構みんなの人気者だった男の子が、スウェット族の仲間入りをしていました。だから地元って怖いよね!見たくないものまで見えちゃうもんだからさ。
しかし、中学校のときのお付き合いって、何をしていましたか?
私は中学校の頃は本当に「お付き合い」に興味がなく、まったくどうでもよかったのです。目立つ女の子は、目立つ男の子と付き合って、帰る方向が違うのに途中まで一緒に帰ったり、体育祭などは一緒に写真を撮ったり。無駄だと思っていました。というか、目立つ男の子にかっこいい子はいなかった。*1私が好きだった人は決して悪目立ちをする人ではなく、静かな雰囲気を持った人だったので、全くそういうふうなお付き合いに興味がもてなかった。静かな雰囲気を持った人となにをしたかったのか、未だに分からないけど、セックスではないという事は分かります。わかるけど、中学校時代は、このひととセックスできるかできないか、って考えてた。この考えは今の私の基にあります。

でもその好きだった人とは絶対にそういう雰囲気になることはないと思っています。
だから、すきなんだ。

*1:と記憶。