なんだかんだで

一緒にごはんを食べることを大切にしていて、それはどっちかが飲み会とか、すごい遅いとき以外は夜ご飯は一緒に食べようとおもっています。まぁ、向こうが作ったのは基本的においしくないんだけど、一生懸命に、でもこれでうまくなるぜええええみたいな考えで作っているのが透けて見えるので、気持ちがあったかくなります。でも一番すきなのは、私が作ったごはんを食べてるKをみるときです。夢中で食べてくれるし、そんなKをずっとみてるんだけど、時々目が合うと、なんかにやけてしまって、あぁ幸せってこういうことなんだろうなーって。すごく、自覚、する。


なんて事書き始めたら、あぁこいつ頭の中にうじがわいたんだなと思ってください。こういうことをリアルにぶぼーーーーーーーーーーーと書き綴る乙女ブログにどうしてなれないのか。どこかなどこかなー。そういう乙女ブロガーになれないぶぶんはどこかなー?
まぁね。昨日の会話は、「おお振りあべきゅんは三橋の誕生日会で笑っているのか」「花井梓は本当にいい」「こんな高校生ばかりなら、世界は平和に違いない」でした。一番最後の論点で「まぁ、漫画だからね。」て言われた。切ない。ちょっと二次元と三次元の区別がついていない。