ボディーバターはもうあの香りは買わない。
どうせ勝てない女とおなじ香りになんてなりたくない。
最初はあの人とのセックスを忘れないために買った香りなのに、今はただ疎ましいだけだなぁとこの時期にかかとにボディーバターを擦り込みながら思っていました。あのブランドも好きだけど買わなくなったのと一緒。こうやって少しずつ忘れていくんだろう。
彼女をもっとやさしくしてあげたらいいのに。
「別れたら付き合ってくれる?」
なんてかわいく言われても、私は持っているものを捨てたくなかった。