うえええ。

クビキリサイクルが文庫になってやがる。そうだよね。だって新書だもんね。文庫になりますよね・・・。買いましょう。

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

個人的には友萌え。前どこかでも書いたような記憶があるんだけど記事が見つからない。キャラクター小説としての楽しみ方になっちゃうけど、いいですよね。推理として面白かったのはクビキリクビシメの二作品だと思っています。でもやっぱりライトノベルとして読んでいくとキャラクターがどんどんどんどん出てきてごっちゃごっちゃになってくる終盤からは目を話せないものがあります。なんちゅーか舞城さんも好きなんだけど舞城を読むと心のどこかが痛くてついでにグロくてぎゃーってなるけど最終的にスッキリ。でも西尾は心は痛くなっていく、というか心の深いところに埋めたはずの*1中二病的な箱を綺麗にラッピングしてそのまんま場外ホームランみたいな?分かりづらい。というか崩子ちゃんいてるし。友が好きで崩子ちゃんが好きで哀川潤になりたい。
そういえば玉藻ちゃんぺーなーて思ったキャラが最近いた気がするけど思い出せない。ひぐらしじゃないはずだし。

*1:埋まりきってない?