私にとってのフィフス・エレメントはこれだよ!


いまさらですが、空中キャンプ、伊藤さんのフィフスエレメントが面白かったので、考えてみました。
フィフス・エレメント」とは、その人に影響を与え、価値観を構成する要素となった5つの表現。表現っていうか、影響を与えられたもの。ほぼ本と漫画ですよね。音楽もあるのかなぁ・・・。昔を思い出しながら。

1.聖☆ルームメート/高瀬綾
思い返すと、これが私のセクシャルマイノリティになる第一歩だったと思う。

寮生活をすることになった主人公のまゆらちゃん。同室になった聖子ちゃんは、5歳のころ出会った男の子に、どこか似ていて……。綾クンの、ちょっぴりあぶないラブコメディーよ。(裏表紙より)
なかよしでやってた漫画なんだけど、まぁ、性的にどちらも選べるヒーロー(いつもは女性の姿)とヒロインのお話。すごく好きで、大学生になってからまた単行本を買って、時々読み返したり。
(結局はヒーローになるけど)女の子にドキドキするのは悪いことじゃないんだと思った一歩でした。

2.ティーパーティーシリーズ/皆川ゆか
小学生のころ、コバルト文庫ティーンズハートがすごく流行ってた。派手な女の子グループはコバルト文庫の「いきなりミーハーシリーズ」、地味な女の子グループはティーンズハートの「聞こえるシリーズ」が人気だったのですが、こういった本を買うお金がなかった私は、図書館で借りていたちょっと古めの「ティーパーティーシリーズ」にどはまりしました。積み重なる仏教用語、その時仏教の本超読んでたよ。はまりすぎて。今の仏像好きなのも、きっと、いや絶対このシリーズが根底にあるんだと思います。三十三間堂が一番好きなのも、これが理由だとおもいます。そしてここでも磨かれる女の子にどきどきするのは悪いことじゃないんだなぁという思い。

3.となりのトトロ
父親の「この映画には悪い人が出てこないから好きだ」という一言に超影響されているとおもいます。本当に好き。「悪い人が出てこない」っていうのは本当に衝撃的でした。そっか。っていう感じ。ジブリの中で一番好き。でも大泣きする。

4.ブレイクアウト
青春でした。特にラクリマクリスティには身を焦がすような恋を・・・!!

5.父のバンド
これは、フィフスエレメントとして、いいのかなぁ?と考えたけど、やはり超影響を受けているので書かざるを得ないです。父は公務員の傍ら、趣味でバンドをやっていて、パートはギターとボーカル。あとベースも弾けるし、ピアノも弾けるし、ドラムマシーンあるから、っていう私の中ではちょうすごい人。もともと私に弦楽器を教えようとしていた(ピアノは10年であきらめた)のですが、私の性格上あきらめた。Fだったかなー。おさえられないんだもん。
そのバンドのドラムの人がすごくいいひとで、その人に憧れて、そして弦楽器が無理だと悟ったので、私はドラムを始めたわけなんです。ちなみにそのドラムの息子は、某V系バンドのサポートをしていたという・・・。遅い!!

こんなフィフスエレメント。みんなのも見たい、聞きたいでーす。