鎌倉に行ってきたよ!



ちょっと前の話になっちゃうんですが、ふと思い立って、鎌倉に行ってきました。
鎌倉の七福神をめぐろうと思い、北鎌倉で下車。
まずは淨智寺から。はじめていくお寺だったのですが、すごくひそやかなお寺でした。こういうお手がすごく好きです。苔生した岩や、ひんやりとした空気。あー。早めにきてよかった。


本当は浄智寺から七福神ご朱印をいただこうと思っていたのに、すっかり忘れてしまい、ご本尊のご朱印だけ頂きました。

その後健長寺を横目で見ながら鶴岡八幡宮へ。
ちょうど、大安吉日であったため、七五三のかわいい子がたんまり。にまにましてしまいました。
いいなあ。女の子は大概おませさんでかわいい。
鶴岡八幡宮では弁天様。

その後、毘沙門天様の宝戒寺(はぎ寺)へ。別名でもわかるように、お寺の門をくぐるともうそこは萩並木!もっと早い時期に来れば白い並木で綺麗なんだろうな、と思いながら、お参りをしてからご朱印を頂きました。このお寺はぜんぜん知らなかったんだけど、歴史を見たら

元弘三年(1333年)、「新田義貞(にった よしさだ)」の鎌倉攻め鎌倉幕府は滅亡しました。
寺のすぐ東側にはかつて「東勝寺」という北条一族の寺があり、北条一族は鎌倉幕府最期の執権「北条高時(ほうじょう たかとき)」をはじめ870名近くが自害したと伝えられています。
鎌倉幕府を滅ぼした朝廷軍の大将「後醍醐天皇(ごだいごてんのう)」の発願により、北条一族の慰霊のために「足利尊氏(あしかが たかうじ)」に命じて創建した寺です。
とのこと。あああ。切ない。彼岸の時期に、萩で真っ白になるのも、こういう歴史を見てしまうと、なんかしんみりした気持ちになってしまいます。ちなみに、彼岸花の白いのも咲いているそう。

その後、妙隆寺へ行ってからお昼を食べました。
妙隆寺はお子さんが七五三だったらしくて、人力車の前で写真撮影をしていました。そんな家族団らんに水をさしてしまったようで、心苦しい。ここは寿老人を祀ってあります。

お昼休憩を挟んで、本覚寺へ。ここでは夷様。源頼朝が鬼門除けに夷神を祀ったのがはじまりといわれている夷堂をお参りして、鎌倉をあとにしました。ここで大好きな江ノ電にのって、長谷へ移動。

江ノ電は大学時代に撮影やらなんやらで変な時間にのったりしてたんで、こんなに混むんだな〜という印象。
大好き大好き江ノ電

その後長谷寺へ〜。石段を登って見れるのは、高台からの鎌倉〜由比ガ浜の景色!これを見るだけで満足。



やっぱり人が多かったな〜。そしてここは大黒天様が祀ってあります。
※ここらへんから、七福神がどうでもよくなってしまい、ご朱印はご本尊のものだけいただきました・・・。

その後、最後の福禄寿様が祀ってある御霊神社に向かったのですが、やはり良い日だね!結婚式が行われており、お参りができず・・・。悲しいかな七福神めぐりはここで終了となったのでした。

鎌倉の道に詳しいめんまがいてくれなかったら、迷子のまま終わった気がします。
が、ほどよく歩けて、おいしいものもちょこちょこ食べて大満足!

最後に生湘南ビールで一杯。うまーーー!お寺や神社を回るときにはお酒を飲まないので、余計おいしいいいい!