読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんなのこがうりもののせかい。

渋谷のモスバーガーで深夜ぼんやりとジンジャーエールを飲んでいた時に、隣に座ったスカウトマン?デリヘルのスタッフ?の会話がとても興味深かった。

上司と部下で、部下が上司に叱られていたんだけど、簡単に言うと、部下が自分の彼女を店に入れた。しかも自分の彼女であるということを、ほかのスタッフにも話してしまった、ということからはじまる、おんなのこのはなしだった。

「自分の彼女入れるなよ」

「はぁ」

「稼がせたくていれるのはいいけど、自分の彼女だって公言したら、仕事入りづらくなるだろ」

「でも言わなくて後からばれるよりは、言っておいた方がいいかなって。」

「それでもほとんどの人間が送り出せなくなる、お前の顔がちらつくよ」

「はぁ…」

「下げるか。俺だって昔そういうことあったけどさ、まぁ、うまく言っておくよ」

「すんません」

「で、**さんに結構強く言ったの?」

「あぁ…店外待機させてるんすけど、気持ちが下がってて、どうせじぶんはかわいくないって言ってて、今日も2~3時間漫画喫茶で待機してて」

「やれることはやったの?」

「写真が悪いって言っていて、」

「じゃあその2~3時間の間に撮り直さないの?写真が原因なの?そもそも写真なんて、本当にそもそも論じゃん。写真が微妙でも、サービスとか、今迄の客とか、いろいろあるじゃん。それをこっちでアピールしてあげなよ。」

 

確かにな、と思いながら聞いていた。私よりも若い部下に、私と同い年くらいの上司が注意していて、その内容がすごくごもっともで、ぼんやりと大好きなアイドルたちのことを考えてしまっていた。

 

風俗のはなしとごっちゃにするなよ、とか言われるかもしれないけれど、同じようなことがアイドルの運営側でも行われてるんじゃないかって考えてしまった。

正直写真じゃたいして可愛くない女の子もいる、でもその子のサービス(握手やパフォーマンス)でぐんぐん伸びてってる子もいる。運営にそこをアピールしてもらいたい…あれ?一緒?

アイドルにも「私可愛くないから」っていってくすぶってしまう子もいる。でも容姿を売り物にする世界に飛び込む女の子の9割は「私は魅力的じゃない」と思っていない。どこかがいけてると思ってる。それが、一般的な可愛さじゃなく、惹きつける何かはある。陰でも陽でも。ステージで歌っていようと、コスプレでカメラに向かって微笑んでいようと、裸を晒していようと。

 

キラキラするステージっていうのはやっぱり違うものなんだよなぁ。とすごいぼんやり考えてた。

 

おんなのこがうりもののせかいはやっぱりどこかが禍々しくて暗くて、私を惹きつける。