「私、もう普通になれない」と考えた女の子はたくさんいる。

やっほー赤穂です。メリークリスマス!!
渋谷は今夜ミニスカサンタ多いのかな。みんな腰を冷やさないように頑張ってね。


さて、朝から読んでぐわーっといろんな思い出がよみがえってきて、いろんなことが腑に落ちたのがこのインタビュー。
「加護ちゃん好きだった小6のときに処女喪失」大森靖子が壮絶なハロプロ歴を明かす(1/2) - Real Sound|リアルサウンド

大森靖子ちゃん、ダイちゃんから教えてもらって、今一番気になってる女性ソロシンガーです。
しかし、扇情的なタイトルだし、よんじゃう。インタビュアー岡島さん(@ok_jm)だし。

インタビューの中で一番頭をハンマーで殴られたみたいになったのはここ。

 だから、中1でセックスっていうものがなんなのかを知った時にはすでに処女じゃなかったんで、「私、もう普通になれない」っていう意識が、急に強くなったんです。それで、女の子っていう存在にすごい興味が出てきて、クラスの女子のこともそういうエロい目で見始めて。机とかカバンとかを漁ったり、トイレを覗いたりしてたんですね。

小6で、家出の途中で犯されたっていうところは結構普通に読めたのにここら辺は本当にすごかった。
しかしハロプロ愛のインタビューで自分の性を話し始めるていうのすごいな。でも基づいてたんだな。

まだそこまではっきりと性というものを知らないうちから「性の対象」に見られたりするといろんなところがゆがむと思う。
私だって、きちんと?セックスを知った後だっていたずらされてきて、正直まっすぐに育ってる気がしない。

「私、もう普通になれない」
すごい言葉だと思う。


なんで、私は普通に付き合って、好きな人と一緒に手をつないで下校、ということじゃなくていきなり嫌いな人に脅されて二人で部屋に閉じ込められるんだろう、とか、なんでずっとテストの間中下着の中に手を入れられているんだろうとか。

なんで?なんで?なんで?

「普通」ではないから?
気になる。他の子とどこが違うのか。それで気持ちが女の子に向かう。という流れ、痛いくらいだった。が、靖子ちゃんはそこからの延長でアイドルが好きになるって言うのがなんかすごい。

私はなんかそのなんで?って言うものを「仕方のない物」と受け取った部分が多いんだと思う。
なんかそこはすごいすんなり受け取った。
その歪んだ部分って言うのがいろんなところでいまだに時々出て、嫌な夢いっぱい見て飛び起きるし、メンヘラ一歩手前みたいな状態になることだってあったし、もしかしたらその歪んでるところ、凄いわかりやすく表に出てるから、変な人に寄られる率が高いのかもしれないね。

「私、もう普通になれない」
って考えた女の子多分、たくさんいるんだろう。ただ表に出していないだけで。


ただ私は一般人だから、こうやってきちんとそれを言葉にしてインタビューに答えて、そして創作活動を行っている靖子ちゃんは本当にすごいと思いました。
ぼんやりとYOUTUBEでライブの様子とか見ちゃう。


あとこのインタビューの一回目(
「道重さゆみを見ていると泣いてしまう」気鋭のシンガー大森靖子が、モー娘。への偏愛を語る(1/2) - Real Sound|リアルサウンド
)にあるこの部分、正直笑ってしまった。

大森:そうですね。でも、基本キラキラしてないとダメなんです。BiSさんとかでんぱ組.incさんとかだと、申し訳ないですけど「自分とそんなに違わないじゃん」ってなっちゃうから。普段のステージ上とかテレビの中では圧倒的にキラキラしているのに、その裏側で実は自分と同じ部分があるっていうのがポイントで。そのバランスが一番いいのが、道重さんなんですよね。

そしてクリスマスイブにする更新じゃなかったな。

メリークリスマス!
ということでほしいものはウィッシュリストにまとめてありますのでよろしくお願いしますね!!

あすなちゃんのあれです。