ゆきりんはエロい。

AKBのDVDを自分へのクリスマスプレゼントに購入してこっち、一人の時には見ています。
まぁ購入した理由って言うのは、私が大好きで結婚したい秋元才加ちゃんの卒業セレモニーがはいっているから…なんですけど…まだその映像は勇気がなくて見れていません。才加ちゃん…。

それでぼんやりと違うディスクを見ていたんですけれど、なんていうか、その、ゆきりんの凄味って言うか女のすごさに、欲情しましてね。

がん、とそれを思ったのがこの曲。
『口移しのチョコレート』です。

AKB48 「口移しのチョコレート (柏木由紀・河西智美・北原里英)」 - YouTube


上記の映像は2010年、その時から「ゆきりんセクシー」とか言われてたけど、なんていうか、その時からさらに進化した。すごい。こわい。
そう。

ゆきりんは対女としてすごい怖さを持ってる。

これをAKBの曲をあまり知らない人とコンサートで聞いた時に「こんな直接的な曲も歌うんだ」とびっくりされた曲。

チョコレート 口移しして
いつものキスじゃつまんないよ
強引にねじ込んで…

という歌詞から始まるんですけど、私が見ていた2013真夏のドームツアー 東京ドーム公演二日目のDVD、ゆきりんの見せた表情はなんていうか、もう明らかにアイドルとして、女優として、タレントとして、そして女としてもうステージが違った。なんていうか、もう、すごかった。

以下、みながら打ってたツイート。

なんていうか、本当にゆきりんは「陰」のエロさというか、日本的な、そして女性的なエロさがすごいと思ったのです。
こじはるの、全方位の明るいエロさとは全然違う。ゆきりん、狙ったら離さないみたいなそういう意気込み感じる。
目線と、表情と、瞬きの速度やうごきみたいなもので。

うごきだと本当にこれね。


みるきーはまた別なんですけど、歌い出し終わりのゆきりん明らかにどちらも内またにしてきてそのまま腰を落としてて、わかってらっしゃる。としか言えない。
って、動画消えてる…!!うおー。あたりまえだけど!!


例えば、例えばですけど、自分の男がこじはるがいる飲み会に行っても、私は何も思わないけど、ゆきりんがいる飲み会に行くって聞いたらちょっとひやっとする。
そりゃいつもはゆきりん、リアクション芸wwwみたいに言われてるけど、ガチで狙う男が来たらもう、絶対に、全力出してくる。


こんなこと書いて「その曲のパフォーマンスでしょ?www」て言われるかもしれないけど、「それ」ができる、ってことはものすごい強い。
あなた、恋人にパフォーマンスしてないの?私は全方位にパフォーマンスしてるよ。
あなたたちが好きな、私でいれるように。




まぁここからはあれなんですけど、その女の怖さがじわじわあって、本当にこのユニットは死ぬと思いました。


てもでもの涙 さえゆき - YouTube

わたしはさえちゃん推しではないけど、王子様がゆきりんにさらわれるって思った。
さえちゃんがきちんと王子様みたいな服を着ているのにラフな衣装を風に靡かせながら近づいてくるゆきりん。もう嫉妬しかなかった。

はー、アイドルっていいなぁ…。夢がある。

これを、勢いで買ったんですよ…勢いって大切よね。