読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「信頼感」と「共有の秘密」で落ちる男は簡単。

「相談があって…。」

で、ちょっと「いいかも…」って思ってる女に相談されてコロッと行く男が周りに増えてきました。その相談内容が「知らない人についてこられる」とか「ストーカーにあっている」とか、男性関係の『女性は悪くない』悩みとか、そういうこと相談されてコロッと行く男、正直私はおめーら簡単だな!!って思っています。
逆に考えると、女性からしたらそういう悩みをなんとなく向こうからの好意が透けて見える男性に話をすれば落とせる確率があがるということです。射程範囲内です。


「なんか、田中さんが最近…矢鱈飲み会で…体を触ってくるというか…さりげないスキンシップかもしれないんですけど…」
こうなったら倍率ドンです。彼女に迷惑をかけている男が、自分も知っている男。その人のことを相談してくれてる。これは共有の秘密で、連帯感につながります。
彼女と俺は、今共有の敵*1を相手にして、どうしたらいいか相談している。これって信頼感じゃないですか。そしてこんなことを俺に話してくれる、っていうことで、秘密を共有していることになる。そのあとに
「彼女の事、俺が守ってあげなきゃ」
という気持ちになってきたらもう、それは嵌っています。

サークルとか、社内とかに当てはめればわかると思いますが、そういうの、うまい女いたでしょう?

最終的に、こういう男性は、他の人に何を言われても
「だけど彼女は弱いから」とか「彼女の事悪く言うなんて!!あんなにつらい思いをしているのに」
ってなりがち。
本当に弱い女性もいると思います。でも、したたかな女が数割、はいってますよ。

ただこれ男側にも女側にも難点があって、男側は他の女に『ああ、あの手で騙されてやがる』って下に思われ、女側は落とす男間違えるとすぐストーカーに変わります。


私がこの手を使ったことがあるか?それはもちろん秘密ですよ。

*1:というのは大げさだけど