読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットの悪意は画面の中

こんにちは赤穂だよ。なんとなくぼんやり最近考えてたことがあって。

インターネットで私はそこまで叩かれたことがない。まぁ小物なのが原因なんですけど、ブスとか、デブとかヤリマンとかその程度の叩かれ方なので痛くもかゆくもない。
インターネットストーカーのようなものも、ついたことがない。
(もしかして気づいてないだけかもしれないけど、気づかれないストーカーなんてストーカーじゃない)
時々ブスとかデブとか言われるけど、ものすごい悪意を持って、私を殺してやろうものすごい傷を負わせてやろうみたいな人って、いないな~って思う。

ものすごく簡単なんですよね。
簡単に悪口が言える世の中で、わたしもブスについて時々ツイッターでdisったりしてるし。
簡単だからこそ、そこまで傷つかない。

だから傷つかなくたっていいんだよ~泣かなくてもいいんだよ~。

てかリアルの生活でされたことのが本当に怖い。
道端で過呼吸起こしてうずくまってた時に火の付いたたばこ投げつけられてストッキングに丸く穴が開いたことも、新しく買いなおした携帯電話を駅で払われて買いなおしたその日に画面が割れたことも、知らない人にトイレに連れ込まれたことも、そのことをインターネットで書いたら「そういう女だって思われるんだよ」ってリアルで言われたりとか。

もう全然そっちの方がつらかったから、あんまりもう。

っていう自分語りでした。ちゃんちゃん。


さて、話を少しずらしますけど、私は以前はてなに行った時に「はてなスターの数も、はてブ数も基準にしていなくて、一番気になるのは読者数です」と話した。まぁ、それってアンケートに書いた回答そのままなんだけど。
アンテナを利用しているのと同じ感覚なんですよ。
「この人の文章が読みたいから、アンテナに入れておく」
っていう過去と私は全く変わっていない。このひとの文章が読みたいから私は読者登録をする。
全員がそういうことじゃないかもしれないけど、わたしははてブで拡散されるよりも、なによりも登録してくれるとうれしいな~と思います。

じゃーまたね。ばいばーい。