会社と子供とわたしと会社

「子供作って会社辞めればいいじゃん」

そう上の人にいわれたとき私は横っ面をひっぱたかれたような気持になった。
ただ、全然傷ついていませんよ、っていう顔をしてわらって「えー」って言葉を濁した自分をものすごく殴りたい。

私は仕事ができない。
新規のお客様もとってきているし、売り上げもあげているけれど、私は自分の仕事に自信がない。
私は「ダメ」だとずっとレッテルを貼られ続けてきた。

ほかの人からいくら「赤穂はひとより頑張ってる」と言われても、ほかの人がしない仕事をしていても、全然自信がなくて、すぐ萎縮する。萎縮して言い出せないことが増えて、悪循環に陥る。

わかってるんだ。冒頭の言葉も「そんなこと言わないで下さいよ~!わたし!がんばります!」って言わなきゃいけなかったんだ、ってわかってる。
今までもそうだから。
這い上がることを前提として言われている激励の言葉なんだけど、しんどい。

赤穂だから、赤穂なら大丈夫だから、というサンドバッグ。
無駄に今までどれだけしんどくても這い上がってきちゃったからこういうことになってるんだろうな~。

うーん。。