読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこ?なんてあなたは調べられるでしょ?その端末に入れて私を

やっほーいま名古屋行きの新幹線の中。夏休みを細切れにとりつつ、今日は大好きなギタリストの追っかけで名古屋!あしたは大阪!いっぱいおいしいもの食べる。


ということで、芦屋こみねさんの明星の第三弾。乃木坂46がお題で短歌をよみました!


短歌結社「明星」第三回歌会 お題:「乃木坂46」 - こみねもすなるだいありー


すきだなー!!って思ったのはこちらのうたです。



万華鏡みたいな君の名口ずさむ花散らしてよ見えるところで


あの子のことだ!!!ってわかるところと、下の句が最高だと思いました。女性アイドルは散らす…散らす…切ないなー




提出した短歌はこの二首。



踏み出した白い大きな襟正しまだ先駆者がいる海原に


恋なんてセンター街に捨てて来た 一緒に捨てる膝上の服



その他考えてた短歌はこちら。とこの記事の題名。



風が吹き揺れる睫毛にカーテンに やたら明るい。光が?君が。


どちらかといえば都々逸そうだよね制服が歌うこの曲は恋


愛してる膝を隠した藍色のスカートが揺れ気持ちも揺れて


紫に乗ればわたしも変われたの?

表参道乗り換えのまち


今日の朝?睫毛をあげたくらいだけ。優等生がお好きなんでしょ?


ひきずられかき回されて取り出されそれでも僕らここに立ってる




メタ的な歌もありますね。反省。

実はすっごく出すか考えてた歌は


紫に乗ればわたしも変われたの?

表参道乗り換えのまち


です。少し理由書いたらものすごく気持ち悪くなったので割愛。ツイキャスとかでそのうち話します。


忘れなかったらね。


んで乃木坂都々逸


膝を隠して清楚なふりで戦っていくわたしたち


実は今回女性アイドルしかも乃木坂ってことで、集まった歌も衣装とかシングルカットされた曲など彼女らの記号っぽいところがピックアップされてておもしろいなぁ、と思いました。(実際わたしも記号っぽい歌いっぱい作ってしまった)

わたしもカーテンのことは出しちゃったけどシャンプーはなかったね。


これ、出してる方も誰の歌なのかわかってないから、なんかドキドキしますね。


ではでは。ついたらきしめんたべよー!

(アプリで書いてるからガタガタだーあとで直すね