弱虫ペダルという沼にはまりかけている。

今年に入って、沼と言われるところにおずおずと足を突っ込み、そのままずぶずぶと腰まで浸かりそうだ。たとえば?
たとえば、宝塚、これに関しては本当にまだ浅瀬で、くるぶしくらいまで泥に入ってる感じ。とりあえず私は龍真咲さんがとても好きなので月組はきちんと生で一公演につき一回は見に行かなければ、と思っているくらいなのでまだまだ浅い。
あとはハイキュー!!
ハイキュー!!に関してはアニメを見た瞬間単行本を出ている分だけKindleで買い集め、うおおおおお東峰旭さんどうぞわたしと結婚してくださいいいいという気持ちでいっぱいだ。頭の中では一男一女を設け、その娘の結婚式で男泣きをする旭さん、まで私の妄想は広がっている。
それを経ての、弱虫ペダル
弱虫ペダルに関しては、もぐもぐちゃんに「あすなさん早く弱虫ペダル読んでくださいよ」と言われていたのだがなかなか、2014年11月現在で既刊が30巻を超えている、というところと、アニメの第一期を見逃し、二期も見逃し続けているというところから、どうしても手を付けられていなかった。
筋肉少女帯ギタリストのお誕生日パーティーで名古屋に遠征した時に、サンシャイン栄弱虫ペダルのなんかイベント?みたいのやったときも「ふぅんこれが弱ペダかぁ」「お、この緑髪の人はpixivで見たことがあるぞ」「明らかにこの短髪イケメンがガチ好み」とパネルを見つつ思ったり、一人で観覧車に乗ったときはキャラクターが名古屋の街を空から案内してくれたのに、まったくと言っていいほどわかっていなかった。
http://instagram.com/p/sjR8r8oBe_/
だれ
だれじゃねえよおおおおおお。ちなみに今一押しの新開さんのゴンドラに乗っている。この時の私をぶん殴って前日にきちんとペダルを読ませたい。お前が、お前が一番好きになるのはこの人だよ…!!(たぶんあと荒北さんのしおり?みたいのももらってる。なんで捨てたのォ!?)

11月1日。TSUTAYA SHIBUYAのマンガエリアをふらふらしているときに弱虫ペダルがすべて平積みになっていて、そこでやっと私は弱虫ペダル少年チャンピオンで連載されており、30巻を超えていようと、一巻500円以下であることを知った。
え?てか、チャンピオンなの?青年誌じゃなったの?だってロードバイクのマンガだよね?なのに、チャンピオンなの?
と思って、Kindleで1、2巻を買った。
ははー、面白い。並行しつつpixivで二次創作も読み漁った。
早く新しいキャラ、というか箱学が出てくるのを読みたい、と思っていたが、500円以下とはいえ30巻を超えている漫画、一気に買うわけにはいかない。少しずつ楽しんでいこう、と決めた矢先、11月7日に、Kindle弱虫ペダルが約290円になっているのを発見した。嵌った。
ここからはもう坂道を転がり落ちるかのように、一年目のインターハイが終わるまでの弱虫ペダルを購入した。ものすごい。ものすごい面白い。
ずっとおもしろい、中だるみもせず、インターハイが終了するまでを数日で読み切った。もちろん話が面白いっていうのもあるんだけど、ロードバイクって私の中で全然知らない競技だったから、へぇ、こういうものなんだ。だから並んで走っているんだ、なんて一つ一つわかっていくのも楽しかった。*1

新開さんに関してはこうあの文字にうまくできないんだけど、一番おいおいおいおいおいおいおいおいほんとかよマジかよこれ少年漫画ですよね????
とおもったのが真波山岳くんの登場。「まなみくん」に関しては私のペダルの情報源であるもぐもぐちゃんが「ものすごい」ということを言ってたから覚悟はしてたんだけど、これはなんていうか、王子様でしょ?なんなの?彼は坂道君のヒーローなの?と正直思ったし、いつも思ってる「君に届けの風早みたいな男なんているわけないじゃん。」という気持ちを初登場の時に大きく覆す王子様っぷりだった。
ちなみに読む前までわたしはまなみくんと東堂がごっちゃになってた。



(だいぶやられているツイート)

だた風早君と違って、きれいなところばかりではなくて、きちんと裏にある気持ち悪い面もまなみくんは持っていてそれが描かれてるところものすごくよかった。

あとは東堂さんが巻ちゃんのことライバルとして好きすぎてやばかった。


(さらにやられているツイート)

なんていうか、過去BLEACH忍たま、ハイキュー!!とずっと思っていた「公式が最王手」という感想がぐるぐる頭を回る。


さらに今、ペダステにも気軽に手を出しそうで怖い。ものすごく怖い。運がいいのか悪いのか、ペダステがち勢の友人もいる。なんで11月3日に箱学編が終わってしまったの。次の予定はいつなの。わたしが北村さんを見れるのはいつなの。ライブビューイングはやるの?
怖い。ものすごく、怖いけど、沼はものすごく気持ちよく私を包んでくれるし、新しい沼はどんどん生まれている。



*1:小さなことなんだけど、私はアシスト役の人が「押す」ことも知らなかったから、合宿の時に手嶋さんが青八木さんをおした時、頭の中にはてなマークが出た。