読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『距離感 意味』で検索。

「じゃあ今お父さんがお風呂に入ってきても平気?」
と聞いてきた相手は40歳前半男性。
友人、とはいえない、数回人を介して飲んだことがあるくらいの間柄。

そういう質問になったのは、その場にいた方の娘さんが小学校中学年で、もうそろそろお父さんとお風呂にはいってくれなくなっちゃうかも、というかわいい悩みから。
いつからお父さんとお風呂に入らなくなった?という他愛もない質問に、私は笑って「小3のころですかね」と答えた。
確かそれくらいだったと思う。
「えー?『やだ!お父さんなんかと入りたくない!!』みたいなそんな感じ?」
「いや、ただ『大人だからもう一人で入れる』みたいな感情だったと思いますよ」

そこで、冒頭の質問に戻る。

仕事で思考停止はよくあるのだが、久しぶりに飲み会で思考停止。
twitterでよくある返事の「え?いや…それはちょっとぉ…」みたいな返事しかできなくて空気がおかしくなった。

実際その質問をした人は、冒頭の質問以外にもちょこちょこなんか私をえぐってきたりしている。
えぐられた、っていうのも実際こっちの被害妄想に近いんだけどさ。

「最近はさー、専業主婦がいいとか、働きたいとか、赤穂さん的にはどうなの?」
「そういうの置いといて、預けられるかどうかじゃないすかね。」

「赤穂さん的に子供はそろそろとか、いつ頃ほしい~とかあるの?」
「いや~すぐさま病院に行って不妊治療したいですわ~。いつ頃だってないですよ~今すぐですね。」

自分でなにもここまで、みたいな返しだってわかってるんですよ。
でもなんていうか、すごいのが、まったく悪気も、こういう返事をしても気づきがないこと。

そう。被害妄想でも、わたしは実はこっそり傷ついた。
本当は「いつころほしい~とか」みたいなときは、『そういうのは成り行きで~』みたいに応えたかったんだけど、どうにもこうにも何杯かビールを飲んだ私の頭はうごかず、こんなクソみたいな返事しかできなかったという。最低だな~。


間に入っていた人にはとても失礼なことをしてしまった、と思っているが、やむなしとも思ってしまう。し、この人の奥様は、すごいなぁと尊敬してしまう。

こういう質問に関して、※だと思う。
だってトヨエツだったらすべてオールオッケーですもん。