読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3月の短歌を詠みました

ううう。なんだかんだで今回のお題にもある年度末が原因なのか自分の許容量がそろそろいっぱいなのかなかなか思いつきませんでした。
なんかブログに書いておかなければいけない気持ちの動きなどもあると思うんだけどそうそうかけないことばかりです。

元気です。

さて、今月もはてな題詠「短歌の目」さんの短歌企画に参加します。
が、今回なんか消化不良。難しいな。短歌。


3月の題詠短歌10首および投稿作品ご紹介です - はてな題詠「短歌の目」

1.雛
 陽も透ける薄いガラスの花びらを持つ雛芥子に君を重ねる

2.苺
 好きなもの?苺♡だなんて猫脱ぎ捨てて今日も一人で塩辛日本酒

3.夕
 夕立に閉じ込められたと言い訳し 小さな部屋に君とただ居る

4.ひとり言
 うたなんて独り言だよ。これだって君に届くと思ってもない。

5.揺らぎ
 1/fゆらぎよりボストンの音の揺らぎの方が好きです。

6.羊
 手を重ね、黙って歩いた羊腸折。誰も追ってはこないこの道。

7.線
 灰色に書かれる真白なチョークの線 僕と君とを分けるこの線

8.バク
 バクバクと口に入る白米になりたいと思いひとり赤面

9.年度末
 年度末進行なんてほっといて、君と二人で踊りたいのに

10.信号
 赤信号止まるとずっと習ってた。なのにどうして君の前だと

57577に入れたい言葉が多すぎることもあるし逆にどうしても足りないものがある。
都都逸なんてさらに5音減るし音節まで正確にやろうとするといかに自分がざっくりと言葉を選んでるかがバレバレになってしまうのですが相変わらずのざっくりさでできてるやつだけ都都逸

1.雛
 すり込まれてるあんたの姿 簡単に鳴くわたし雛

2.苺
 白いケーキに苺の赤さ疾しさ感じ違うのを

3.夕
 

4.ひとり言
 ひとり言葉を紡ぐ夜よりしたにいる方がネタが出る

5.揺らぎ
 そんな程度の軽口でさえ心は揺らぎ目が潤む

6.羊
 羊数えて寝息をたてる君の隣でするあくび

7.線
 

8.バク


9.年度末
 全部混むなら諦めてもう一緒に居ましょよ年度末

10.信号
 


やっぱり都都逸も消化不良だし、ど真ん中な色歌が出てきて自分で少しびっくりしたり。
来月や、今月中にペースが戻ればいいのですが。


作月末にアイドル短歌もつくりました。