読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結局は一目惚れしたんだ君に。後で言い訳してるだけだ。

ゴールデンウィーク皆様どうお過ごしでしょうか。
私はプロレスに行ったりミュージカルに行ったり、それはそれはもう相変わらずエンターテイメントを消費しております。宝塚はこの日曜日ライブビューイング行きますよ。
あとは月組が来るからゴールデンウィークからまた体を絞り始めています。

そう、体を絞ろうと思うと私は走り始めます。いや、ほかのこともしてるけどさ。
そして走るときって好きな音楽を聴いていて、まあリストを見るとperfumeと48と筋肉少女帯マキシマムザホルモンなんですけど、大概そこら辺をシャッフルしながら走ってる感じ。
で、ふいにね。チームB推しが流れてきたわけなんですよ。

とも~みちゃんのところで、あまりの可愛さにちょっと走るスピード上がった。

そこをきっかけに、河西智美さんのことがどうしてこんなに好きなのか、秋元才加ちゃんのどこに惹かれるのか、そして、ほかの女子アイドルの「推し」はどうして好きなのか、ジョギングしながら考えたんですけど、数種類の「好き」がそこにはあるなって考えに行きつきました。

自分にはないものを持っている推し

河西智美さん、秋元才加さんがここには入ります。

一見タイプちがうじゃないかよ。という思いがあると思います。が、二人とも私にはないものをもっている。

河西智美さんを一番最初に見たときに、あまりにもかわいくて、こんな砂糖菓子みたいな女の子が存在していることにびっくりして、それで夢中になってしまった。
f:id:xacoux:20150508155927j:plain
女の子であることを全力で謳歌していて、わがままを言ってもめちゃくちゃかわいいし、そのわがままを聞いてあげたくなってしまう女の子。
あまりにもかわいくてかわいくてかわいくて、初めて握手したときにその手の小ささ、やわらかさにあたまがおかしくなるかとおもった。


そして秋元才加さんは美しさ、強さ、ストイックさ、思慮深さにものすごい憧れる。
f:id:xacoux:20150508155825j:plain
だけど、そのイメージの陰にいる、素のちいさな女の子みたいな顔もとても好きです。大好きです。

どれもこれも、私にはないものだから、とても憧れて、すごく好き。

妹にしたい、ただかわいがりたい推し

これはもう上の字ですべて完結ですわ。
HKTの村重、Especiaのもなりちゃんがここには入ります。
下手したらエスペシアは全員ここに入ってる。

なにがあっても君たちを守る、というのは大げさだけど、かわいくて、ずっと見守りたいなっていう感覚にさせてくれる。


あとは、思考回路が自分に似ている推し、という一つがあるのですが、これは歪んでてまだうまく言葉にできない…。


そう、twitterではうるさく、秋元才加ちゃん才加ちゃんと結婚したいと、ずっと話しているのですが、わたしの一推しは変わらず、河西智美さんです。
ただ、あまりにも好きで、触れられなくて、接触に行っても病むだけだと自覚し、小さな恋心をガラスケースに閉じ込めてるみたいな、スノードームの中に降る雪をずっと眺めているような、そんな日々を送っています。

ということで、タイトルは短歌でした。またね。