読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人の見た夢なんて面白くない

こんばんは赤穂です。ばたばたしておりましてブログ更新できてないね。うそ、本ブログは更新しております。なんだかんだ雑談みたいなこっちは全然できてない。

そうそう。人の見た夢なんて全然面白くないっていうじゃん。まぁ確かにね。人が寝てる時に見てる夢なんてどうでもいいよ全然自分のプラスにならねえよって思うひといるかもしれない。ちなみに私はそんな意見があることも知ってるんですけどツイッターで見た夢を書き散らかしています。

や、それが結構自分の夢みなおすの面白いの。誰も使わないような日本語ハッシュタグで管理してるから、一気に全部読みなおすことができる。そして私は時々読み返してるんだけど、結構な確率であ、こういう感じだった、って覚えてる。


2013年11月の夢なんだけど、この大阪のホテルっていうのが新大阪の近くで、帰れなくなったのも新大阪まで来て、指定席がいっぱいで、よっぱらってるし自由席…どうする~?もーめんどくさいからとまっちゃお~ぜ~みたいなシチュエーションだったのも覚えてるし、最初の「友人」が男友達だったから、ダブルベッドをどう使うか、そうだ、よこにしよう、みたいな意味わからない打ち合わせしたのも覚えてる。


これに関しては本当に起きた後悲しくて悲しくてだいふくちゃん(夢の中の猫)がどうして見つからなかったのか泣いた。現実でも泣いてる。

以前夢で見た町と同じ町が出てくる夢もある。そのときは夢の中で「あ、またここ」って思ってたりする。
子供のころは、イマジナリーフレンドみたいな男の子が毎年一回は夢に出てきてた。

しっかりと、色も味も香りもある夢が多く、あー夢の世界が別の世界線ということもありうりますね。みたいな気持でいる。
昔のブログ読み返すのと同じくらい、昔の夢面白いからtwitterでいくらか書いてますねごめんね。

詳しくはハッシュタグ「#あすなの夢」までよろしくお願いいたします。