人生の答え合わせをしたい。

私が「女性も好きなんだ」と自覚したのは中学生の時だったと思う。

嫌いな男子生徒から性的ないたずらを受けていたのも理由として大きいが、たぶんきっかけは文化祭のフォークダンス。
中学時代の途中にぐんと背が伸びた私は男子女子の数バランスを取るため、自ら志願して、男子役に回った。
オクラホマミキサーなんて、男子役でも女子役でもそんなに動きなんて変わらないし、その時好きだった男の子、初恋の相手には残酷に振られた後だったし、なんらかの拍子に、継続的にいたずらをしてきた男子生徒と手をつなぐなんてまっぴらごめんだった私は、自ら女子の肩に手を回すことを選択した。

オクラホマミキサーを淡々とこなし、相手が入れ替わる、そのタイミングで友人がホッとした声で私の名前を呼んだ。
周りに聞こえないように小さな声で、男子全員と手をつなぐのが嫌なこと、こっそりと手をつながないように手のひらの位置を下げていることを細々と話した彼女は、最後に私を見て笑って、次の人のところに行く。
最後に「赤穂でよかった」と言われて、なぜか胸が苦しくなった。

女の子は全員かわいかった。
ふわふわしているし、ほとんどの子が私よりも小さく、細く、下卑たことなんて言わない。もちろん性的なことも言わない。付き合い方を間違えなければ、程よい距離間で、彼女たちの恋の話やテレビの中の憧れている人の話を、きらきらとしている話を聞けて近くにいれることが嬉しく、女の子とはこんなにかわいいものだったのだなぁと、実感していた。
そしてその延長線上で、女の子が好きなのだな、と言う事を悟っていった。

でもそれと同タイミングで気になる男子もいた。

以前書いたが、基本的に私は諦めが早く、すぐになんでも納得してしまうので「あー、そっか、そういうことなのか」ということでほとんど悩まなかった。
私は、女性のことも、男性のことも好き。もうそれでいいやと。
多分、そっちの方がいろいろお得だな~とかそういう風にも考えてたと思う。

書きながら、そういえば結局小学校のころから女の後輩にがんがんアプローチを受けていたのを思い出したので、その子が原因なのかもしれないなぁ。その当時付き合ってはいないけど、今会いたいかって聞かれたら即答で会いたいと答える。
初恋の人にも会いたいし、その女の子にも会いたい。
会って答え合わせしたいね。