読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤穂あすなの正直しんどい。その1。

「お酒はどれくらい飲みますか?」
週に2~3回。家で飲むときは缶ビール1本くらいです。
タバコは吸いません。カフェインも飲んで1日にコーヒー1杯くらい。
「なら大丈夫ですね。葉酸のサプリをこれからとるようにしてくださいね」

その言葉で私は葉酸サプリメントを申し込んだ。

ということで、数年ぶりにレディースクリニックに通い始め、不妊治療を開始し始めたのだが、とりあえず最初から絶望だった。
自分のメンタル的なものはとりあえず棚の上に置いておいて、一番最初の壁は婦人科の予約。
人気がある婦人科は初診の予約が取り辛い。
私が通っている婦人科は、WEBからの予約ができるようになっているので、よっしゃ楽だぜ!!電話しなくて済む!!と思ったのだが、「初診の方はまず電話で申込」という一文を見て崩れ落ちた。WEB予約だったら、グーグルカレンダーを見ながら、夫のカレンダーもチェックしつつその場で申込ができるのに…。とぐったりしながら、じゃ、とりあえず私だけで行ってくるわ、と。電話で予約をしようとするも、気づくと営業時間が終わっている。このままじゃだめだー!!と電話したものの、初診で土曜日の診療。ハードルが高すぎる。
実際に予約が取れたのは三週間後。三週間…。仕方ない。仕方ない。もしかしたら平日だったらもっと早く行けたかもしれないけど平日は無理だ…。

そして三週間後、病院に到着した私にさらに絶望が襲い掛かる。

まずは基礎体温表。
私はたいがい基礎体温を付け忘れるので、体温計とアプリを連動させて自動的にグラフにしてくれるアプリを使っている。*1
わかる?起きてすぐ体温計を口に入れて測り終わったら、その体温を書き写しておくとか無理じゃん。そもそも暗いじゃん。無理ゲーじゃん!!しかし、このアプリと指定の体温計さえあれば測った後にアプリを起動して連動ボタンを押してスマホと体温計をくっつけておけばOK!!!寝ぼけながらでもできるので最高of最高。*2
WEBからもグラフはダウンロードできてプリントもできる!のだけど、病院で基礎体温表ノートを渡されて「書き写してね」って言われて発狂するかと思った。
うおおおお!!!まじかー!!!紙に書くとか絶対に毎日できないから連動させたのにいきなりの強制アウトプット…!!
ただ、その基礎体温表、きちんとこのタイミングでこの治療をしたよ、ということも書いてくれるから、これから先の治療を考えるとものすごくいいノートになってるんですよね。でもさ、でもさ…。うおおおおおおおお。

そして待ち時間。
15:20~の予約時間だったのですが、初診だから30分早く来てね。と病院についたのは14:50。会計まで終わったのが17:40。
予約もとったしそんなに時間かからんだろう…と思っており、ライブの前に予約を入れたのですが、開演時間が18:00。開場じゃなくて、開演。
まぁ今回初診だから、説明→診察→検診→診察→採血→会計 というフルコースだったからな…。それでも同じ場所にずっといるというのが苦痛であり、いや、あったかいし良い香りだし、本を忘れてきた自分が悪いんだけどさ。ずっとまとめサイト『哲学ニュースnwk』でオカルトネタを読み漁ってました。できたらWi-Fiがあったら最高だな。
次からノートパソコン持っていこうか、と思ったのですが、呼び出されてさっと動かなきゃいけないから無理か…。
そして次回の予約を取ったときに聞かされる「予約をとってもその時の状況で2~3時間かかる。」という言葉。うおおおおおおおおおお。


こまかい絶望をくりかえしたが、そのクリニックの先生は、まったくこちらの気持ちに寄り添う、ということをせず
「4年不妊、ということは原因があるはずだからそこを調べて、まぁ4~5期で結果が出なかったら次の治療、という風にしましょう」
と素晴らしくシステマチックに言い切る感じの人で、すごく信頼ができるな。と思った。
以前こちらの気持ちに寄り添ってくれる先生のクリニックに通っていたのだが、そこは色んな検査を、こちらの意思を確認してから実施する、という、いろはもわからない私としてはどうする?っていわれたってどうする!?みたいな感じだったのだが、今回はまさかの1回目の診察で検査フルコースが決定。有無を言わさず内診。自分の腹の中を超音波で見てその説明。その後採血をし、ホルモンから抗体から血糖値からすべて検査する、というスピード感。
翌週には検査結果を聞きに来て。というスピード感!!すぎょい。


正直全てが面倒くさすぎて、金もかかるし、病院に通わなきゃいけない自分の体も自分の今までの生活も呪ったし、その後「マイナンバーで管理するなら妊娠出産まで全部政府が管理してくれ!!!マイナンバーとは何なんだ!!少子化を食い止めたいとか言っているなら管理しやがれ!!」とか思考が飛躍し、その飛躍した考えも自分のネガティブもすべてが無駄なのでダッシュで遅刻しているライブに向かい、ビールを飲み、ヘッドバンキングをして「あ…採血したあとにお酒を飲んでヘドバンをしたらあかんのや…」と身をもって知ることができた。
魂の原曲キー、2音半上げようぜ…!!

とりあえず、これからがんばります。


こういうことをインターネットに書くのもどうなのかな。希望としては人に知られずにいつの間にか子供がいた、というのが一番の理想だったんだけど、不妊治療に足を踏み込むのにも実は勇気がいったし、踏み込んでみたらはじめの一歩のこんなところで躓いている、うおおおおーめんどくせーーー!!!でもこれをめんどくせーっていうのはおかしいのでは??と悩み始めてしまう私みたいな人は絶対にいると思うし、これから先の結果なんてどうなるかわからないけど、ひとつの例として書いておこうと思いました。
じゃあね。

*1:それでも毎日はつけられていない。

*2:しつこいようですがそれでも毎日はつけられず忘れます。意識が低い…。