ある程度可愛い自分が辛い。

「赤穂さん、社長との関係、奥さんや事務員から怪しまれてますよ。家族経営だからねー…まぁ、なんていうかそれでバラバラになってしまったら困るんでねー」

 

電話で言われた一言で心がものすごいざわついてしまった。

電話の相手はクライアントの社員。時々打ち合わせなどで会社にお伺いし、社長とも打ち合わせをすることがある。

時々二人きりになることもある。

そこまで大きな会社ではないため、お伺いした際にはそこにいる事務員さんや社長の奥様にも挨拶をしている。

 

もちろんわたしは、過去も現在もその会社の社長となんの関係も持っていない。

 

あはは、そうなんですね、と笑って電話を切ったが、そのあと猛烈に怒りと情けなさと、そして申し訳なさが混ざり合って涙ぐんでしまった。

 

二人きりになる相手が同性だったらそういうことを言われることはなかっただろうな、とか。

 

奥様や、お会いしたことのあるお子さん、お孫さんにもご迷惑をおかけし申し訳ない、とか。

 

そもそもなんでそんなことをわたしに言うんだ、とか。

 

今後は打ち合わせのやり方も考えたほうがいいな、とか。

 

あー…でもまた来週打ち合わせで行くんだよな、とか。

 

ゴルフに行くのも怪しまれるなら、少しずつフェイドアウトした方がいいのかな、とか。

 

正直、働いてたらこのレベルなんてたくさんあるしいままでもあったし、それはわたしがかわいいから仕方ないんだよな。と言い聞かせてここまでやってきたけど、わたしのせいで会社の経営がバラバラになる、までいわれるのは初めてで、すげえ心が折れた。

 

しんどい。

 

 

 

 

そのあと、電話の相手は話を作る人だから、多分怪しまれてない、っていわれたので怒髪天ですが、でもわたしが女である以上、二人きりで打ち合わせをする以上、そして、平均よりもかわいい顔面を持ち合わせてる以上、こういう話は絶対にあることなので、考えなくてはいけない。つらい。